飛行機で安比高原スキー場へ行けるツアーは、1泊4万円前後から参加可能です。飛行機は伊丹空港から出発し、花巻空港で飛行機を降り、スキー場まではシャトルバスで移動します。事前に宿泊先へ連絡しておくと、スキー場と宿泊先の間を送迎してもらうことができます。宿泊先では露天風呂も楽しめます。

安比高原スキー場には全部で21本のコースがあり、滑走距離は最長5500メートル、斜度は最大で34度の所もあります。最も長いコースはヤマバトコースで、滑走可能な距離は5500メートルです。コース幅は少し狭いですが、平均斜度が15度なので、初心者が景色を眺めながらスキーの練習するのには最適なコースです。セントラルゲレンデには中級から上級者向けのキツツキコースがあります。

平均斜度は12度、最大斜度は28度あります。森林の間を抜けて、2200メートルの距離を滑走することができます。セカンドゲレンデにあるセカンド第1コースは眺めが素晴らしく、最大斜度28度、平均斜度13度の斜面が2500メートル続いています。このコースは初級から中級者が楽しむことができます。

ザイラーゲレンデにある第1ザイラーコースAは、平均斜度が10度の斜面が2500メートル続いており、初級者から上級者までパウダーを楽しめるコースです。第2ザイラーコースAは全長2300メートルあり、斜度が最大で34度に達します。コースのスタート付近は圧雪されておらず、コブも多数あり、滑り応えのあるコースです。第2ザイラーコースCは、平均10度の緩やかな斜面が続きますが、途中に最大25度の斜面もあります。

スキーツアーのことならこちら