水漏れの修理に依頼
2020年5月3日

水漏れしたらすぐ修理

シングルレバー混合水栓について多い水漏れとして、レバーの下が多いです。

シングルレバー混合水栓は水を出す時レバーを上げたり、水を止める時を下げる動きになります。下から漏れる場合、レバーを上げていたり水を出している時に多いでしょう。蛇口から水が出るのですが同時に下から漏れている状況です。シングルは構造上、レバーが左右だけや上下だけではなく無段階において動くので、下に遊びが生まれやすく水が漏れてしまいます。

これはバルブカートリッジが原因で、バルブカートリッジに使われている部品が消耗し、そこから水漏れしているのでしょう。バルブカートリッジの交換修理が必要で、10年以上使用しているなら消耗は激しく漏れが起こることが多いです。シングルレバー混合水栓の場合、スパウト部分での水漏れが多いです。スパウトは蛇口そのもので、水が出る部分になります。

この部分から出る分には何も問題ありませんが、蛇口から水が出る際スパウト胴体部分の上か下から水漏れするパターンがあります。パッキンで挟まれたいずれかから漏れてくる現象になり、レバーの漏れと同じく水を止めている時には漏れないで、水を流している際にスパウト周辺から漏れる症状です。バルブカートリッジが原因になっていて、バルブカートリッジを交換修理しなければいけません。パッキンが劣化している場合も水漏れが止まらないケースがありますが、パッキンを交換修理したり水栓自体を交換すると良いでしょう。
水漏れの修理のことならこちら

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *