水漏れの修理に依頼
2020年1月24日

厄介なトイレのトラブルでつまりは早期解決が基本です

トイレで起きてしまう厄介なトラブル、つまりの問題という事例は少なからず起きています。

水漏れの場合は見えるので解消することができるので、目で確認することができますが、つまりの現象は排水トラップから奥側で起きていることになるので、目視で確認することはできません。初期の症状であれば、早期解決により薬剤を使うと簡単にトラブル解消できる可能性があるので、配管内部に溜まっている汚物を溶かせる薬剤を購入する方法が基本です。一般市販品で変化が見られないというケースでは、プロ用の薬剤はネット通販から入手できるので、購入して使ってみる手段も悪くはありません。

薬剤を利用して以前よりも水の流れが改善した場合でも、後に起きてしまうつまりのトラブルを完全に解消する方法もあります。自主的に利用可能な範囲は排水トラップを超えて配管の奥側まで届かせられるワイヤーブラシの利用です。この手のワイヤーブラシは手動で使うものですが、釣り竿のリールのように手元で操作できる便利品もあるので、購入の際には比較検討して選ぶ必要もあります。

ワイヤーブラシは何度も反復して作業を繰り返す方法で初めて効果を発揮できますが、トイレ自体の使用年数が既に10年を超えているような状態では、高圧洗浄機で配管内部を綺麗にしてもらう作業は非常に効果を発揮します。一般家庭用で販売されている高圧洗浄機は水圧はプロ用と比べると低いものなので、トイレのつまりのトラブルを引き受けているプロショップに依頼する選択肢が確実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *