表参道の予防歯科でセルフケアの指導を受ける

表参道の予防歯科では、セルフケアの中心である歯磨きの指導をしています。
毎日歯磨きをしていても虫歯などが発生してしまうのは、歯や歯茎に付着するプラークが落としきれていないためです。

新しい表参道の歯医者関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

プラークの中には虫歯や歯周病の原因になる細菌が集団化していますから、プラークコントロールが予防の基本です。

しかし、歯の形や歯並びは一人一人違いますので、効率よくプラークが落とせる正しい磨き方も一人一人違ってきます。

表参道の予防歯科では、プラークの染め出し剤なども使ってその方の歯磨きの癖などをチェックして歯ブラシの使い方を教えてもらえます。
また、歯ブラシだけでは歯と歯の接している面や歯間部の歯肉などはなかなかきれいにすることができません。



表参道の予防歯科では、定期検診の時にデンタルフロスや歯間ブラシなどのサブアイテムの使い方も丁寧に指導しています。デンタルフロスは歯と歯の接している面のプラークを落とし、歯間ブラシでは歯と歯の間の歯茎をきれいにすることができます。
これらデンタルフロスや歯間ブラシには正しい使い方があります。
歯肉などを傷つけることなく、プラークを効率よく摂り除くためには予防歯科で選び方や使い方を教えてもらうのが一番です。

また表参道の予防重視の歯医者さんでは、唾液の検査もしています。

口の中にはいろいろな種類の細菌が棲み分けしていて、バランスや数は人それぞれです。
唾液を採取して検査するとその方の口腔内の細菌バランスがわかり、病気のリスクも知ることができます。

表参道の予防歯科では、患者さんごとにリスクに合わせた細菌対策として洗口剤なども処方しています。

BIGLOBEニュースの便利な情報を集めたサイトです。

関連リンク

表参道の予防歯科で歯磨き・フッ素・細菌対策の指導

表参道には予防歯科の診療をしている歯医者さんがあります。予防歯科というのは、虫歯や歯周病になってからではなく何ともない時から受診して病気を予防するクリニックです。...

more

表参道の小児予防歯科を低年齢のうちから受診

予防歯科というのは、治療の必要ができてからではなく何ともない時から通って虫歯や歯周病にならないよう指導を受ける歯医者さんです。歯科先進国と言われる欧米諸国では、既に予防のために歯科医院を受診するのが常識になっています。...

more
top